フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

人生・時には流されることも良いもんだ

P1020468

まじめ・一生懸命・熱い熱い想いのB型・かに座の女・・・・・

それがmama

その正義感あふれる熱い想いでどれだけ損をしたことか・・・・・・・・

人生の空回り

こちらが想っているほど人は想ってくれず・・・・・・・

ある時ふっとそれに気づきました

(縁の下の力持ちが好きだから、それでも良いんだけど、たまにはめげます)

自分の人生、冷静に見る自分が見えたんです

ふっと力を抜こう・・・・

人生、流れに身を任せよう

一緒に流れて行けば良いじゃないか

そう想える自分になれました

気持ちが楽ですね

頑張れるだけ頑張って、だめなら立ち止まって軌道修正しましょ

あの怒りのB型はどこかに姿を隠してしまいました

都合の悪いことはすぐに忘れる

都合の良いことはずっとずっと永遠に覚えておこう

mama流の人生哲学

人生に躓いたら傍の猫をじっと見つめよう

猫の屈託のない大きなあくびと一緒に私も大きなあくびをしましょ

今日は訪問介護を体験してきました

次は老人ホームです

2006年11月26日 (日)

チュッカ トゥリム イムニダ♪

Middle_1164465832 

mamaもドキドキしながら見てました

おめでとう♪

本当におめでとう♪

良かったね

Middle_1164465887_1

本当に良かった♪

こんなシーンが再び見れました

トンバンに幸あれ・・・・・・・・・・・・・・。

○○さま、どうしてもお祝いしたかったので画像お借りしました

サエリちゃんありがとう

早速、直しましたよぉ~~~

また教えてね

2006年11月23日 (木)

ざわざわ・・・・来月はもう師走。

P1020472

忙しい一年でした(まだ終わってないけど・・・・)

新年早々は厚木のギャラリー慶さまでの企画展

沢山の梅子の袋ものを販売して頂きました

2月にはお雛様展にも吊るし雛やうさぎのお雛様を出品させて頂きました

猫の押し絵の額絵が誕生しました

ブロック接ぎがオリジナル接ぎとして完成しました

4月には八ヶ岳高原ロッジで梅子の袋ものを販売して頂きました

5月には京都の梅小路アートクラフトフェアに出店しました

可愛いキャンディ袋が誕生しました

6月には名古屋メッセのクラフトフェアに出店しました

7月~8月 八ヶ岳高原ロッジで沢山の梅子の袋ものを販売して頂きました

プロアートさまより着物リメイク本への記載を依頼されました(嬉しかったです)

錦紗や縮緬でお花飾りが誕生しました

9月 ビッグサイトのもの作りビッグギャラリーに出店しました

10月 成美堂出版より『着物地でつくる おしゃれな小物』が出版されました

世田谷のリビングアート彩香さまで出版記念の展示会を開いて頂けました

新しいオリジナル接ぎや細工物も誕生した有意義な一年でした

縫って縫って針を持たない日は一日もなかった一年でした

頑張ったと思います

今、ヘルパー2級資格の取得に挑戦もしています

本当に盛りだくさんの1年でした

幸せな一年で終われるように締めくくりも気分良くすごせたら良いなって思います

皆様の一年は如何でしたか

きっと素敵な一年をすごされたと思います

さて!来年ですが新春第一弾のお仕事が決りました

厚木のギャラリー慶さまで吊るし雛展がありますが、そこに正絹の古布縮緬で作る

”吊るし雛の作成キット”を出品させて頂きます

裁断済み・しつけ済みのパーツ/付属品/正絹・伊賀上野組みひも/型紙/作り方の説明書・・・がセットになっていますのでどなたでもお作りになれます

素材は古い縮緬ですので完成品にも時代の重みが感じられます

ぜひお作りになって頂きたいと思います

お近くの方、ぜひぜひご来店くださいませね

そして、新春第2弾は

世田谷のリビングアート彩香さまにて”梅子の袋もの・展”を開いて頂きます

こちらも彩香さんのオリジナルを作ろうとアイディアを考えております

新春の2つの企画展・に沢山のお客様がご来店くださるように祈ってます

宜しくお願い致します

詳細は後日お知らせ致します

そして、そして耳寄り情報をひとつ・・・・・

のび工房ってご存知ですか?

抱きしめたくなっちゃう猫が沢山います

覗いてみてね

では残りの2006年、悔いを残さないよう暮らしましょう

2006年11月21日 (火)

風の前奏曲

韓国じゃなくってタイのシネマなんです

タイトルは『風の前奏曲』って言います

タイ伝統の木琴楽器ラナートの第一人者、ソーン師の生涯を実話を基に

映画化した感動の音楽ドラマ。

幼少期のラナートとの出会いから、天才の名をほしいままにした青年時代~

晩年までを、ラナートの美しい調べに乗せて綴る。

19世紀末。

音楽一家に生まれたソーンはラナートの演奏に天賦の才を発揮する。

しかし、彼の兄がライバル奏者に暗殺されると、父はラナートを封印する。

それでもソーン少年は、父の目を盗んではラナートの腕を磨いていった…。

とっても綺麗な音色なんです

目を瞑ってその音色に聞き惚れました

小学校の時に習った木琴は平らに机の上において叩きましたよね

その木琴の両端だけが固定されていて、木琴の部分は弧を描いて

宙に浮いている感じなんです

木琴の下部に錘が付いていてそれで音が固定されているみたいです

mamaの説明では分かりずらいと思うのでちゃんと調べてみました

ラナ-トエ-ク

Image43

この楽器は拍子木であるクラップから発展したとされている

旋律打楽器です。

元はクメールもしくはカンボジアから入ってきたと考えられています。

音程は鍵盤の下部の両端に付けられた蜜蝋と鉛の混合物を溶かして

取り付け調節します。

元々鍵盤部分は竹で作られていましたが、後にチークなどの硬木が

使われるようになりました。

鍵盤は21~22あり、楽器全体の長さは約120cmです。

この楽器はアンサンブルの中ではリーダー的な存在です

こんな感想も見つけました

『木琴を宙に浮かしたようなタイの古典楽器ラナート。

一見とてもシンプルな楽器なのだが・・・〝シンプルなだけに技が必要〟

というだけあり、その技たるや尋常じゃありません!

その人間技とは思えぬ手首の動きは、超スピーディ且つ一音一音正確

に音を奏でてゆきます♪~それはまるで森の木々を抜けてゆく風のように~


そしてやはり一番の見どころはラナートの演奏シーン。

余談ですが、主役の青年は同時期に公開されている行定作品

『春の雪』にもタイの王子役で出ていました。

なかなかのイイ男です。』(このイイ男がMr、akiyamaに似てるんです

余談!!郁ちゃん&才さん&なみ平&優子さんへ

青年のソーンを演じた役者さんを見せたいな

君は秋山君?って思ってしまったよ

いとこの娘が10月からタイに転勤(転勤って言うのかな?)で行きました

5年は向こうにいるそうです

その間にぜひ、行って生のラナートの音色を聞いてみたいと思います

2006年11月20日 (月)

嬉しいぃ~~~~。

今日こんなメールを頂きました

◆初めまして梅子さんのファンです◆

いつもブログを昼休みに楽しみに拝見してます。

東京ビッグサイトで初めて作品を見させていただきファンになりました。
袋もの、とても丁寧に出来ていて素晴らしいですね。
素人目から見ても素敵な布を使っているのが分かりました。
先日アートリビング彩香さんには友達と私の先生が伺いました。
私は仕事でどーしても伺えなかったので本だけは買って来てもらいました。
(昨日横浜上大岡京急百貨店の本屋さんでも平置きになっているのを見ました)
来年の2月の展覧会は楽しみにしています。

これからもブログ楽しみにしています。
ご活躍をお祈りしています。

ありがとうござます

何よりのお言葉を頂戴致しました

2月の彩香さまでお会いできますことを楽しみに致しております

2006年11月18日 (土)

もうちょっとだけ、がんばってみようかな。

P1020473

スクーリングも無事に終わり、あとは現場実習を残すのみとなりました

その現場が不安200%の塊

やれるのだろうか?

役に立つのだろうか?

まずは訪問介護の先輩ヘルパーに同行

そして老人ホームとデイサービスに行きます

勇気を振り絞って頑張ってきます

昨日、県の福祉会館に行ってきました

この資格に挑戦をしようと思ったときは福祉の仕事にどんなものがあるのかも分かりませんでした

スクーリングが進むうちにこんな仕事ができたら良いなぁ~~って思うようになりました

それは今、mamaがやっている手縫いの仕事を少しでも生かせないかって事です

先生にもお話を伺いました

ひとつはデイでのレクリエーションでの活用

最近のデイはレクリエーションがカルチャーのように選べる所もある・・・・・・・

でも人材センターの話では静岡ではそこまで充実した所はないようです

ふたつめは授産所の指導員としての活用

時間給としてはかなり安いようですが遣り甲斐は見つかるかもしれません

人材センターの方にも授産所向きだと言われました

12月22日にヘルパー2級資格を取ります

それまでにもうちょっとだけ・・・いやもうちょっと頑張って自分の進む道を探そうと思います

2006年11月12日 (日)

本が出ました・・・・。

本が出版されました

タイトルは『着物地でつくる おしゃれな小物』 成美堂出版です

表紙はこんな感じ

P1020566

こちらがブロック接ぎです

P1020567

こちらはお絵かき接ぎのうさぎの袋ものとふわふわ接ぎです

P1020570

猫の人形とうさぎのころころお手玉です

P1020569_1

この他には縮緬のちっちゃなお野菜のキーホルダーや額絵の猫も紹介されています

ぜひぜひご覧になってくださいね

最後の紹介文の所に載ってますHPアドレスが間違っていますのでこちらに訂正致します

http://www2.tokai.or.jp/mammy-house/

最後の/が足りません

このほかにも沢山の梅子の袋ものが載っていますのでHPも覗いてくださいね

嬉しいNewsです

来年2月にリビングアート彩香さまで展示会を開いて頂けることになりました

明日からまた頑張ります

2006年11月10日 (金)

よみがえる着物地展・・・

11日~12日まで下記、展示会のため留守に致します

HP及びyahoo落札者様へのお返事ができません

戻るまで暫くお待ちくださいませね

11/8~15まで世田谷のアートリビング彩香さんでよみがえる着物地展を開催しております

ぜひ足をお運びくださいませね

mamaは11日(土)の午後に伺おうと思っています

皆様にお会いできることを楽しみにしております

よろしくお願い致します

本も発行されたようです

こちらもよろしくお願い致します

2006年11月 7日 (火)

スクーリング3日目が終った・・・・・・・。

10月からスタートしたヘルパー2級資格取得への道。

レポート提出3回も終わり採点が終って戻ってきました

BBAでしたが私としては上出来だったと思います

11月に入りスクーリングが始まりました

今日はその3日目です

昨日の2回目より身体介護の実技講習が始まりました

本当にむづかしいですが自分なりの一生懸命頑張っています

実技は4~5人のグループで進めます

交互に介護される側とする側に分かれて両方の体験をします

今日はパジャマの着脱やオムツの装着を勉強しました

ヘルパーさんの優しさと大変さが実感できました

明日も頑張らなくては・・・・・ね。

明日から『よみがえる着物地展』が世田谷のアートリビング彩香さんで始まります

沢山の方にご覧頂けると良いなって思います

よろしくお願い致します

2006年11月 1日 (水)

モグとあいちゃんの「抱っこは嫌い!」

浅野パパのお家の臆病うさぎのモグ君と奥様のあいちゃんのほのぼの日記blogを紹介します

鼻の下をなが~~~く伸ばしてまったり顔のパパが想像できます

モグ君のバナナ独り占めはずっと見ていたいくらいですよ

ぜひ覗いてね

静岡では大道芸が始まりますが同じ3日(文化の日)に我が愛する用宗(もちむね)でもイベントがあります

JR用宗駅下車・・・・改札口を出て数歩歩きすぐに左に曲がります(目印は市営の用宗アパート)

少し歩けばもうお店が見えてくると思います

用宗名物の青空市です

mamaも2張りのテントで出店します

何を売るのか?っと言いますとアニマルグッズや洋服の商品入れ替えのための大安売り

全部500円で売りつくしますよぉ~~~~~~来てくださぁ~~~い。

500円販売のメニューはと言いますと色々なものを出品しますが・・・・・いくつかご紹介

★折りたたみの猫とダックスのバッグ★折りたたみ犬のリュック★本皮の猫とうさぎの携帯ケース★本革の猫のタバコケース★本革の猫のコインパース★色々なアニマルのビーズコインパース★センサー付きホワイトペルシャ★ふたつきアニマルのマグカップ★藍染ほのぼの猫の小鉢★アニマルゴミ箱★他色々出品

クリスマスプレゼントに如何でしょうか

もう一張りのテントではリンダ・ビッケンのコブラン織りの猫と犬のバッグとコインパースが全品→半額

ワン・ニャン一杯の本革のお財布→半額

アニマルのアクセサリー(ネックレス・ピアス・ピンブローチ他)→半額

手織りのワンピースなんかも破格のお値段で出品します

来て!見て!買って!ください。 損はさせません(言い切る)

他にも地元の和菓子屋さんの実演販売や八百屋さんの超お安い野菜やくだもの

フリマもありますよ

大道芸も良いけれどぜひぜひ用宗にも足をお運びくださいね

お待ちしております

blog見たよって言ってください

サービス致しますので・・・・・。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »