フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« インドビーズ | トップページ | 梅子の袋もの&細工物の個展が開催されます »

2007年2月 3日 (土)

吊るし雛キット展が無事に終了。

Img_0389

貴重な画像です

店内も作業部屋も狭いので吊るした状態で画像が取れないでいました

ギャラリー様より画像を頂きましたので記載します

お庭での吊るし雛サークルです

1月5日~31日まで厚木市のギャラリー慶さまでキット展を開いて頂きました

とても好評で無事に終えることが出来ました

ご購入いただいた皆様、楽しく縫ってらっしゃいますか

分からないことはいつもでおたづねくださいね

やはりお花系が人気でした

そして金魚や鯛や俵ねずみに犬張子、筍、雄鶏&雌鶏のペアルックはこちらでデビューしました

全体的にパーツ数の多い高度なものが人気でした

でもナンバー1は紙風船でした

沢山のご愛顧ありがとうございました

次は世田谷でも販売いたします

« インドビーズ | トップページ | 梅子の袋もの&細工物の個展が開催されます »

お細工物」カテゴリの記事

コメント

traxloveさん
こんばんは。
吊るし雛は色んな呼び方があるみたいですね
地元、静岡の稲取では雛の吊るし飾りと呼ぶようです
九州は柳川の吊るし雛が一番古いものだと聞いたことがあります
今は(特に稲取では)吊るし雛が観光の目玉になっているので取って付けたようにクリーニング屋から八百屋の店先にまで同じようなキットで作った吊るし雛がぶら下がっていてがっかりした思い出があります
画像の吊るし雛はオブジェのつもりで作りました
もっと自由に飾って頂けるように古い正絹を使って私らしい色合いの組み合わせでキットを作り販売しております
全部作らなくっても良い
ひとつだけでも飾れる・・そんなキットを販売しています

可愛いぃ〜〜〜です。
九州では「さげもん」って言うんです「吊るし雛」
うちの母は「さげもん」巡りに行くのが
2・3月の恒例行事になってますよ。
家庭によって違うので、面白いですよね。
金魚、素敵です。

そしてユノ君のお誕生日おめでとうございます。

おひな祭りがまじかなので小さなお雛様を作ろうと蛤の台座に猫バージョンとうさぎバージョンで作ってます
どうして作ろうかと考えながらいくつか同体を作り綿を入れてみてひとつの形に決定し頭がつき耳がつき目と鼻がつき冠が無いからつまみのお花をつけました
男の子は前髪をつけました
明日は着物を着せて蛤の台座に載せて完成です
そうそう女の子にはほほ紅をつけなくては・・・
完成したら画像をお披露目しますね
時間が無くなってきました
お香ぼんぼんは50個完成
うさぎのコロコロお手玉はパーツが出来、後は茶巾絞りのごとく耳を入れて絞って完成
見返り美人猫は仕立てだけ
後、立っているうさぎと猫は無理のようだから次回に回して春らしい華やかなポシェット(半分暗い出来ている)と赤地の華やかな牡丹模様の紋縮緬があるのでふりふりポシェットを是非作りたいです
出来るかしら??
途中で送れば良いんだわ
是非、桜新町お出かけください
mamaの世界を見て欲しい

お疲れ様でした~^^
次は世田谷なんですね!ドキドキですね。
是非行きたいです!
私も今度、神楽坂のカフェに行ってきます。
もしかしたら、作品を置いてくれるかも。。
こちらもドキドキです。
皆頑張ってるから、私も頑張らないと!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139156/13768140

この記事へのトラックバック一覧です: 吊るし雛キット展が無事に終了。:

« インドビーズ | トップページ | 梅子の袋もの&細工物の個展が開催されます »