フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

新作バッグ5点完成よっ。

ブロック接ぎが2点・ふわふわ接ぎが3点完成しました

先ずはブロック接ぎからお披露目しますね

①泥大島を1cmの巾で朝に晩に接いで接いで5日くらい接いでの生地創りしたバッグです

御稽古バッグにも使って頂ける大き目バッグです

持ち手の籐は初めてつけました

P1030512

②こちらは染め大島の染め見本の小さなきれを接ぎました

口元にはベージュのオーガンジーを二重に付けてみました

こちらも籐のD型持ち手です

P1030516

反対側は・・・・・

P1030518

両面楽しめます

口元アップ

P1030517

③ふわふわ接ぎを紫系に黄色やオレンジの入った錦紗と紋錦紗を集めて接ぎふわっと仕立てました

持ち手は大人気のハンドメイドの籐製です

P1030525

④同じふわふわ接ぎですがこちらは紫系が中心の錦紗です

船底まちには紫の縮緬を使い、持ち手は籐のD型です

P1030519

⑤お祝い着物だけをふわふわ接ぎで仕立てました

持ち手は竹の感じを出したプラ手です

赤系の可愛い祝い着物にとっても合うんです

こちらの船底まちは赤の縮緬です

P1030523

ただ今始めての黒無地とお祝い着物のをブロック接ぎしています

なんかとっても面白い感じに接げてますよ

今日は香取君の27時間tvを見ながら接ぎました

ちょっと頑張りすぎて手がびりびりしています

2007年7月22日 (日)

用宗港のしらす漁が復活しました。

mamaの実家は用宗で釜揚げしらすを製造直販してますが・・・・

ずっとずっと不漁中でした

先週の木曜日からしらす漁が復活

取れ始めました

mamaもお手伝いに毎日行ってました

午前中は釜揚げしらすを煮て午後はお中元用の送りを手伝いました

用宗の釜揚げしらすは鮮度が命だからとても美味しいです

mamaは生シラスも大好きです

あなたは生シラスどうして召し上がりますか?

mamaは柚子胡椒をお醤油に入れてそれだけで食べます

絶品!

最高!!

本当に美味しいです

皆様も用宗の釜揚げしらすを召し上がってくださいね

2007年7月20日 (金)

ハッピーバースディ♪

目出度い?よね

やっぱり誕生日だもん

いくつになっても目出度いんだよ

もうこの年だもん隠したってしょうがない

本日mamaは57歳になりました

この年まで健康ですきなことを一杯やってこれたんだから自分に乾杯です

あ~ちゃんがブルーべりージャム入りのロールケーキを作って夜届けてくれました

スポンジがふわっとしていて癖がなくって本当に優しいお味のジャムだけ入ったロールケーキでした

あ~~ちゃんありがとう・・・・そしてごちそうさま

2007年7月17日 (火)

指の股裂き。

なんだか暗くってただ今10:08ですが手元が暗いため電気をつけてのお仕事です

不経済ですよねぇ~~~~~~

殆ど家の中で仕事をしているので外の天気は関係無いのですが、じめじめっぽい感じがして嫌ですね

さぁ~~~そんなお天気にもめげずに今日も楽しくお仕事しなくっちゃ~~~

4月の初めごろに利き腕の右手首にひびが入ってしまいリハビリを兼ねて縫って縫って縫いまくっていますがひびってこんなにも元に戻らないのかと痛感しました

私のバッグ作りは100%手縫いです

地縫い糸を1本取りで使ったり、2本取りで使ったり、縫う場所によって穴糸のような太い糸も使います

太い糸は太い針を使うのですがその、太い針で縫えても引き抜くことがむづかしい

これには困っています

厚手のキルト芯を使うバッグの仕立てが出来ないんです

その日によっても手首の体調はまったく違います

親指の付け根に力が入らない

入れると痺れる・・・・

右手の薬指と小指の反応が鈍い

これも本当に困る・・・・・

今までは考えたことも無かったんですが薬指と小指が他の指と一緒に行動できないんです

????って思いませんか?

たとえば階段を上がります

何も考えなくっても階段を上がり終えて壁の角の部分にも手は当たりません

これって自然と体が壁の角をよけているんですよね

所が薬指と小指が遅れて行動をするので壁の角に引っかかるんです

他の指と一緒にすり抜ける事ができなくってすぐに引っかかってしまうんです

痛いですよ。本当に痛い。

指の股裂きですもの

でも頑張って縫ってます

リハビリ・・・・リハビリ・・・・・。しなくっちゃね

食い気の話

夕飯を食べないダイエットを初めて20日になります

慣れてきました

凄く外で動いた日は食べています

今嵌っているのが(ここでの宅配ピザはピザカリフォルニアで通称ピザカリしかありません)クリスピー生地のピザでチョリソー・ソーセージの乗っているもの

クリスピー生地は薄いので端の方がかりかりさくさくでおせんべいみたいな感じ

通常の生地のように重くないからMサイズなら食べれてしまいます

頑張った日は自分へご褒美

明日からの頑張る糧に

2007年7月13日 (金)

厚木への月1のお出掛けは楽しい。

今月の手縫い教室は盛り沢山の内容です

小さな蛍袋(ちゃんと内袋が付いているので物入れとして使えます。ちなみに私はお香袋にしました)と猫の押し絵つくりでした

厚木のお教室は11時から始まります

今月は8名が出席

蛍袋から始まります

縫うところはほんのちょっとなんですが、何しろ小さいので指が1本程度しか入りません

本体にお尻の光る部分を付けて・・・・羽を作り・・・・・口ベリを作り・・・いよいよ組み立てです

おっと・・・ここでランチタイムになりました

厚木の生徒さんたちは本当に熱心な方々なのでランチにしましょうって大きな声を掛けないと手が止まりません

ランチは凄いんですよ

ピクニックみたいなんです

お赤飯を炊いてきてくださる人・自家製のお漬物を持って来てくださる方・タッパ一杯のジャガイモとインゲンの煮物・ゆで卵にバナナ・・・凄いでしょ

おやつがまた凄いんです

お団子におせんべいにどら焼き

わいわい言いながらみんなで食べるんですよ

ギャラリーさんがお茶やらコーヒーやら出してくださいます

皆様、いつもいつもご馳走様です

お腹も膨らんで眠くなりそうなんですが、ここから午後の教室が始まります

蛍袋の仕上げを2時までやりました

そして生徒さんお待ちかねの猫の簡単押し絵作りです

本当に楽しそうに猫を作りました

3:40くらいにはほぼ完成でまたまたおやつの残りを頬張りながらお茶の時間です

この時間に来月の課題を決めたり、日にちを決めたりします

来月は泥大島のブロック接ぎの小物作りに決りました

頑張ってパーツつくりをしなくては・・・・。

本当に楽しい厚木・手縫い教室です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出張・手縫い教室でお仲間と楽しい手縫いしませんか?

静岡から日帰り可能な場所なら何処にでも出掛けます

厚木のようにギャラリーさんが主催の手縫い教室でもOKですし個人的なグループでも構いません

詳細はマミーハウスまでご連絡ください

Tel、Fax 054-258-5422

mammyhouse@ny.tokai.or.jp

2007年7月 7日 (土)

玉虫巾着袋と命名されました。

P1030507

本日、ロフトさんに納品の折、玉虫巾着袋と命名して頂きました

蛍にはちと寸が短かったんですが長細くすると物が入れにくい

羽を茶色のオーガンジーで作ったら蝉に見えました

っと言うことで総称して”虫さん巾着袋”が良いようです 7・8記

胴体は泥大島・お尻の部分は大島にきらきらのオーガンジーを重ねました

羽の部分は黒の絽にグリーン系のオーガンジーを重ねました

P1030508

口べりは水色の帯揚げを使い羽の上部に羽留めも兼ねてグリーンのビーズを留めました

P1030509

こっちは結構使いが手が良いと人気の巾着型の手提げ袋です

サイドと裏面は古代紫の柳揚・中央は錦紗です

P1030510

この形は日常お使いになるにとっても良いサイズで好評なんです

こういう仕事をしていますと古いお着物を頂くことがあるんです

その時には頂いた着物でこの袋を作ってお返ししています

そして残りを頂くことにしています

サイズは巾が24~25くらい、丈は28~30

市松接ぎでも素敵ですよ

機会があったら手縫い教室に作り方を記載しますね

2007年7月 6日 (金)

夏のバッグ出来ました。

明日、ロフトさんに納品します

P1030505

画像は腕が悪いので紺系に映ってますが実際は古代紫の絽縮緬と絽そして青の柄物の絽の3枚を市松に接ぎました(実際はこの文字のもう少し濃い色です)

P1030506_1

サイドはいくつになっても可愛らしさを残したいと思ってリボン結びをつけました

持ち手は籐(白木タイプ)です

気にって頂けると良いけどなぁ~~~

2007年7月 4日 (水)

蛍袋と猫袋・・・。

毎月1回、神奈川県の厚木に出張手縫い教室に出張ってます

今月の課題は”蛍袋”夏らしい作品です(梅子の手縫い教室に作り方を載せました)

蛍ですからちっちゃいんですよ

ちっちゃいけど内袋も付いた実用袋なんです

mamaはお香袋にしました

それではお披露目します

P1030477

胴体とお尻の部分は縮緬、羽は絽を使いました

そして厚木のお教室では蛍を見に行くというお話が出ていましたので蛍ポシェットを作ってみました

P1030478

胴体は紺の絽、お尻はしゅす(変換できない)サテンのように光った帯地です

羽はとっても面白い羽織なんですが表は黒、裏は煉瓦と黒の縞模様が一枚の生地の表と裏になったものです

巾着も浴衣なんかに可愛いと思いますのでロフトさん用に作ってみようと思います

そして同じお教室で教える猫の簡単な押し絵の作り方の見本になればって思っていくつか小袋に仕立てて見ました

①大きな丸と小さな丸の猫袋

P1030480

P1030502

②楕円と小丸の猫袋

P1030482

P1030504

③○2個と尻尾の猫袋

P1030479

P1030501

④ちょっと上級編の猫袋

P1030481

P1030503

如何でしょうか

こんな感じに元々ある柄行をベースに使って猫をプラスって結構好きです

こちらのベースは古い古い留袖の裾模様の梅の古木にのんびりだんらり寝そべる猫の図なんって・・・・。

2007年7月 1日 (日)

もうひとつのBlog・・・・

手縫いの好きな人たちと交流ができたら良いなぁって思ってもうひとつのBlog”梅子の手縫い教室”を作りました

但し、あんまり活躍できていませんが・・・・・・

それでも時々、楽しみに見ているんですとか参考にしていますとか嬉しい感想も聞きます

せっかく作ったのでもう少しお役に立てたら良いなっと思ったので今回よりフリーハンドですが型紙も紹介しています

型紙と作り方ぜひご参考にしてください

今回は蕪を紹介してます

今日は午前中は外でのお仕事・・・

午後は昨日の続きで巾着袋(9月イベント用)の表面と裏面の星留め作業

この星留めはお教室の生徒さんには嫌われるんですがmamaは大好きな作業で本当に好きなんです

星留め可愛いでしょ

あと、紐を通して房を付けて完成します

30個まとめて作ってます

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »