フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 押し絵ブローチの新作。 | トップページ | ハンドメイド作品展&吊るし雛飾り展 VOL.1 »

2008年1月18日 (金)

厚木の作品展始まりました。31日まで

P1000005

私の吊るし雛サークル飾りです

P1000002

梅子の袋ものと吊るし飾り(大きめ七宝毬)です

P1000027

拘りの縮緬を使った巾着袋です

P1000025

帯揚げの中にお香を入れたお香ぼんぼん飾りです

7色のグラデーションが優しい感じでしょ

左は自然の枝をそのまま使った1本飾りの吊り台に江戸縮緬で作った七宝毬を3連に飾りました

こんな落ち着いた色合いの吊るし飾りも大人の女性のための飾りで良いかなって思いました

両方共にギャラリー慶さんで販売中です

別の色のぼんぼん飾りもオーダーでお創り致します

P1000001 

こちらは縮緬で作った椿を飾りました

椿と椿の間には帯揚げのお香ぼんぼんを飾りました

こちらも販売中です

優れものの吊り台で4本に分解できる組み立て式(お香ぼんぼんも同じ吊り台です)です

こちらの組み立て式吊り台もご注文をお受けします

詳細はHPにジャンプしてメール又はお電話にて承ります

右サイドの『ハンドメイドのshop・HP』にある梅子の袋ものをクリックしてください

HP梅子の袋ものにジャンプします

ジャンプしたら梅子の袋ものトップページの吊るし雛をクリックしてくださいね

P1000006

P1000016

P1000024

大島と猫の押し絵のバッグたちです

初日に右上のポシェットが売れました

沢山売れますように・・・・・・。

                                ***********************************************

ここからは同時開催の『梅の会』生徒さんたちの作品展(力作揃いです)

P1000019

右下のお細工物は5月の課題『鯉のぼりと金太郎と仲間達』です

実際は鯉のぼりの背に金太郎と兎ちゃんがまたがり笑い転げている図なんです

耳のつけ方で表情がつくことがポイントです

真ん中下は9月課題の『大島ブロック接ぎの通帳&カード入れ』

大島の小さな小さなこぎれたちを丹念に接いで生地作りをしました

捨ててしまいそうな小さなこぎれに息を吹き込むのがポイントです

その上は11月課題の『立ち兎』

手前の小さな兎を4時間で作りました

この生徒さんは型紙を大きくしてお父さん兎とお母さん兎も作りました

ここではちゃんちゃんこの作り方と外付けの耳作りがポイントです

その横は吊るし雛の犬張子基本にして大きさを色々に変えて作った力作です

ひとつづつお顔が違うのが良いでしょう

その横は12月の課題『お正月リース飾り』をアレンジして小さく作ってあります

その上は同じ生徒さんが紙風船を小さく可愛く作って枝飾りにしてあります

お花の横は3月の課題『帯揚げ小巾着袋』

帯揚げはとても可愛い材料ですので口べりの部分と飾りの水玉押し絵にも使いました

ここでは帯揚げを材料として使うのがポイントです

4月の課題『帯揚げ水玉模様ポーチ』

ここではファスナー付けと小窓接ぎに帯揚げを使うのがポイントです

生地に穴を開け(小窓をあけて・・・)下から帯揚げを覗かせてあります

その帯揚げにはまんまるになるように綿を入れました

小さく作ればコインパースも作れます

壁に飾ってあるのは6月の課題『絽を使った市松接ぎの巾着型手提げ袋』です

ここでは風車たたみで縫い代の処理をするのががポイントです

どれもこれも厚木教室の毎月の課題と応用作品です

P1000018

花瓶に入れてあるのは吊るし雛の可愛いミニ枝飾りです

枝はワイヤーに染め布を巻いて作ってあります

生徒さんのオリジナルです

小引き出しには夏に作りました7月の課題『蛍袋』と型紙を大きくしたお孫さんのために作った浴衣用の巾着蛍バッグです

お孫さんのお友達にも大好評だったそうですよ

ここでは吊るし雛に内袋を付けて小物入れに仕立てるのがポイントです

P1000023

金太郎さんのアップです

色々なポーズで飾れます

お知りに両面テープを付けて前が金太郎さん、後ろがうさぎさんを並べて乗せるのが本来のポーズです

金太郎さんの髪の毛は刺繍糸です

前掛けにはちゃんと丸金の刺繍がしてあります

P1000021

兎の立ち人形からアレンジの猫の立ち人形です

大きさを変えて作られました(は~~くしゅ~~~~)

P1000015

生徒さんの力作の吊るし雛のサークルです

コツコツ作りためたものを作品展のために飾られました

こちらのサークルも取り外しが出来ます

P1000010

右端は12月課題の『お正月リース飾り』です

漆の織り込みのある羽織と赤の絞りの羽織をリースにして縮緬の押し絵の松・竹・梅・小判・鼠を作り両面テープで留めつけてあります

赤のポシェットは3月の課題『小窓接ぎのポシェット』

赤のベース布に糸で丸を書き、穴を開けて下から縮緬を覗かせて柄作りをしました

ここでは小窓接ぎがポイントです

そのほかにも吊るし雛をひとつづつ飾ってあります

折り鶴・亀・海老・七宝毬・はいはい人形

如何でしょう

生徒さんの1年間の成果です

皆さんの作品、とっても素敵でしょう

厚木の生徒さんは随時募集中です

◎新年2月の課題は2月と3月の2回(8時間)でD型の持ち手の付いたアトランダム接ぎのバッグを作ります

作品展は31日まで開催中ですので是非、足をお運びくださいませ

またギャラリー慶さんでは2月1日より古布の展示販売会を開催するそうです

吊るし雛の材料が入手できるのではないでしょうか

◆生徒さんの作品は展示のみ、私の吊るし飾りとバッグは販売中です

« 押し絵ブローチの新作。 | トップページ | ハンドメイド作品展&吊るし雛飾り展 VOL.1 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

私は食料飢饉が来ても2ヶ月は絶対に生き延びそうなおばさんですよ(笑)
たまたま手縫い教室と作品展初日が続いたので一泊して生徒さんの作品展と吊るし雛の飾った写真を撮るためにギャラリーさんに行きました
そしたら初日はギャラリーの奥様がお一人で奮闘されていたのでお手伝いをしていたら生徒さんが次々にこられて結局5時くらいまでいて帰って来ました
真多呂人形のお雛様と同時開催でしたのでギャラリーの中は女の園のように可愛らしく居心地の良い優しい空間になってました
作品展にお邪魔させて頂くのは初めてでしたのでとても参考になりました
組み立て式の吊り台・・素敵でしょ
早速、彦政さんにご報告しなくっちゃ~~~
今日からしばらくオーダーのバッグ創りと多分入る吊るし雛のキット作りに励む日々になりそうです
頑張らなければ
その後はお店での初の即売会の小梅ブランドを創ります
頑張ろう頑張ろう。  

梅子さん、すごい!
これだけ作るの大変だったでしょうに・・・。
頑張りますね。
ブログが更新されないのは当たり前ですね。
こんなセンスのいい梅子さんって、どんな方でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139156/17733187

この記事へのトラックバック一覧です: 厚木の作品展始まりました。31日まで:

« 押し絵ブローチの新作。 | トップページ | ハンドメイド作品展&吊るし雛飾り展 VOL.1 »