フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 11月に吊るし雛の本が発刊されます | トップページ | ◆梅子の袋もの・感謝デーのご案内◆ »

2009年6月28日 (日)

悲しいですね

あるblogでこんな記事を見つけました

P1030899
半年位動物愛護法関連の署名を集めています。

イベントが多く、会う人たちの多くが猫好き、犬好き、動物好きで、気安く署名に応じてくれ、いろいろな話も聞けて助かります。

でも、署名はしてくれても、動物の現状に理解がある人ばかりではないから、自分の飼い猫は大事だけれども、「野良猫に餌をやるのは絶対反対!野良猫は蝉やカエルや虫を食べればいいの!」と言う人もいます。

カエルや虫や人が捨てたゴミを食べて辛うじて生きているような野良猫は痩せて寄生虫の見本市のように寄生虫がいます。

保護した猫の全てにいろいろな寄生虫がいました。食べ物のせいでひどい匂いがしてハエが纏わりついている猫もいました。

人に捨てられ、飢えて死んでいく猫が多い現実を知りながら「野良猫は蝉やカエルや虫を食べればいいの!」と本気で思っている自称『猫好き』にはガッカリします。

猫好きを自称するなら、『野良猫はそれ以上増えないように不妊去勢手術をして、猫の好きな人たちで適切に餌と糞の世話をして地域猫として共生する』という考えに同調してもいいと思うのですが。

反面、年金から野良猫の餌代と不妊去勢手術費用を工面し餌やりを続けている人、病気の野良猫を保護しては動物病院に連れて行く人もいますし、多頭飼いという問題はあるけれども譲渡できない野良猫を保護して世話をしている人もいます。

関わり合ったいのちについて、『生きている間は幸せな状態でいられる』ようにしようと回りの人たちと話すことから始めてみるのもいいと思います
あるボランティア活動をされている方のblogからの抜粋です。
私も30年間、個人レベルで野良猫と関わって来ました
現在6匹の猫と暮らしていますがピーク時は26匹の猫と暮らしていました
玄関のチャイムがピンポ~~ンと鳴るとそこには箱に入れられた仔猫がいました
引越しの際に置いてきぼりにされた大人猫を引き取ったこともあります
マンションでのこっそり飼いが見つかって出て行くか捨てるかの2者選択で捨てるを選んだ人から引き取ったこともあります
もちろん外猫の餌やりもしています
野良猫に餌をやるな!!
簡単に言いますがその後に続く現実がどうなるのか分かっていますよね
綺麗ごとはやめてはっきり言えば良いと思う
野良猫は邪魔だから餓死すれば良いわよ。っと
だって食べる物がない子に食べさせるなってことでしょ
こういう問題は簡単に解決する事ではないと思います
でも今そこに目の前にお腹をすかせている子がいます
あなたは目を瞑りますか?
私は瞑れません。
私はこんな風に思うんです
人間だけが偉いんですか?
人間だけが生きる権利があるんですか?
人間だけが言葉で意思表示が出来てお腹がすいた!痛い!寂しい!助けて!と伝えることが出来ます
どんな生き物より強い人間に1%の優しさがあればお腹をすかせた野良猫にご飯は与えてくれなくても良いから
「野良猫に餌をやるのは絶対反対!野良猫は蝉やカエルや虫を食べればいいの!」なんてつめたい言葉は言わないでしょう
署名運動をしている浜松のボランティアの人たちには頭が下がります
食事の当番(側で食べ終わるのを見守ってお皿の片づけをしているそうです)
お掃除の当番の人もいるそうです
獣医さんもボランティアで避妊の手術をしてくださっているそうです
有言実行
言葉の通りの心優しい浜松のボランティアさんたちがいらっしゃいます
また里親さん探しをblogでされている方もいらっしゃいます
猫の大嫌いな人もいるでしょう
好きになってとは言いません
でも『生きている間は幸せな状態でいられるようにと』頑張る人たちもいるんです
賛同しないまでも頑張っている人たちに心無い言葉を投げかけるのだけは止めて欲しいと願います
言葉を投げかけることは簡単な事です
でも行動を起こすことは並大抵な事ではありません
そう思いませんか?
私の周りには個人レベルで野良猫と接していらっしゃる方々も沢山います
先日、静岡市の羽高のお宅に行ってきました
ご長寿猫ちゃんと暮らしていらっしゃいますがふっと縁側を見ましたらよしずの影にダンボールの大きな小屋がありました
奥様の顔を見ましたら仔猫が2匹居候をしているのっとおっしゃってました
雌猫だったのでご主人がポケットマネーで2匹とも避妊手術をしてくださったそうです
ご長寿猫は耳が聞こえないのでちょっと驚いたりするとギャオギャオと鳴きじゃくるので部屋には入れることが出来ないからここにお家を作ったのって事でした
安らぐ小屋も出来きご飯の不自由も無くなった野良猫は縁台の上でのんびり昼寝中でした
私が近寄っても逃げる様子もなくゆったりと横たわっていました
こちらのご夫妻の友人でいられる自分が本当に嬉しかったです
浜松のボランティアの皆様、頑張ってくださいね
何もしないで口だけの人間の言うことなんて大したことありませんよ
あなた達のような生き物に対して優しい人たちがいなければ野良猫は生きられませんよ
私も微力ながらやれることをこれからも有言実行でいきます。

« 11月に吊るし雛の本が発刊されます | トップページ | ◆梅子の袋もの・感謝デーのご案内◆ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139156/45477779

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいですね:

« 11月に吊るし雛の本が発刊されます | トップページ | ◆梅子の袋もの・感謝デーのご案内◆ »