フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

12月のイベント・スケジュール

12月のイベント・スケジュール

★クリスマス・フェスタ2017★

 場所:ツインメッセ静岡 南館 143番

 日時:12/9(土)~10(日)
 
    9:00~17:00

★浜松アート・フェスティバル

 場所:浜松駅隣・遠鉄百貨店広場ソラモ

 日時:12/16(土)~17(日)

    11:00~17:00、10:00~16:00

★ねこたちの贈りもの展★

 場所:自由が丘駅前・ギャラリーるなん3階

 日時:12/21(木)~26(火

    13:00~19:00

    最終日以外は在廊しています

今年もクリスマス・フェスタの時期がやってきました

2017年11月30日

今年もクリスマス・フェスタの時期がやってきました

今年のクリスマス・フェスタは

12/9(土)~10(日)の2日間です

工房MAMMYHOUSEで出展致します

ブースNO,は143番

入り口入ってインフォメーションの近くです

今年の工房MAMMYHOUSEのワークショップは




①我が家の猫ちゃんブローチ 1500円

 正絹の縮緬を使って我が家の猫ちゃんをブローチにします






②絞り地を使った口元ピンッタクの手提げバッグ 4500円

 猫の押し絵はオプション1200円(完成品を付けます)






③アンティークの猫や犬柄を小窓接ぎした小さなポシェット 4000円


材料やキットの販売、梅子ブランドのバッグと小物の販売を致します

ぜひご来場くださいね

2017年11月28日 (火)

梅子ブランドの小さなポシェットが人気

梅子ブランドの小さなポシェットが人気





梅子ブランドのバッグは手間暇掛けるので上質な着物や羽織を使います

で、そんなお高い着物のおくみが残るのでおくみを使った作品をと考案

したのが小さなポシェットです

普通サイズのポシェットにするとお高くなるので気軽にちょこっとしたものを

入れていただける小さなポシェットが誕生しました

私は携帯を入れて斜めに掛けて使っています

表面にはアンティークの可愛い猫や兎や雀を接ぎました

猫顔の周りに絞りのフリルがついたものはブローチに仕立てました

紐は真田紐、内側にマグネットホック付き

通販でも好評です

2017年11月26日 (日)

梅子ブランドの新作バッグ4点

梅子ブランドの新作バッグ4点




上のバッグは泥大島の雪輪模様を復元しています

「ふわふわ復元接ぎ」という梅子ブランド・オリジナルの

接ぎ方で元の柄を復元してあります

裏地も雪輪模様の長襦袢を使ってあります

持ち手も梅子ブランド・オリジナルの根竹製

下段の左から

生成り色の裂き織り地に押し絵で伸び猫を付けました

もちろん裏地は猫柄です

中はタイの手織り木綿地におすまし猫を押し絵で付けた

手提げバッグです

右は伊豆の国市にお住まいの藍染作家さんの生地に

小窓を空け猫を付けました

小窓の周りにはパールを挿しました

猫のいる風畏敬シリーズのバッグ3点です

アートメッセ浜松に出店致します

アートメッセ浜松に出店致します


浜松の遠鉄百貨店広場ソラモにて開催の

アートメッセ浜松に工房マミーハウスで出店です

今日と明日の2日間です

青空カラーのテントです

ぜひお立ち寄りください

2017年11月24日 (金)

梅子ブランドの新作バッグ

梅子ブランドの新作バッグ③





左は水玉模様を織りで現している木綿の生地に大小の小窓を開けて

下からしじら織り地を覗かせました

シンプルですが昔から永遠の水玉模様です

2017年11月22日 (水)

ふわふわ復元接ぎの新作バッグです①

ふわふわ復元接ぎの新作バッグです①






素材はアンティークの銘仙の長羽織です

柄あわせをしてバッグに仕立てました

ふわふわ復元接ぎは梅子の創作接ぎのひとつです

水戸京成さんでお嫁に行きました 

2017年11月21日 (火)

本藍染めの新作バッグ

P10602241

素材は伊豆の国市のFBフレンドの

藍染め作家さんの木綿の本藍染めの生地


弾力のあるとっても縫いやすい生地でした

持ち手もハンドメイドのイベントでお知り合いになった

木の自然の色合いを大切に手作りされた木製の持ち手です

素敵なバッグに仕上がりました

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »